About

本サイトは「newpops」が、日記(PowerShell Memo)の記事をFAQとして整理するページです。

FAQ Contents


基本型

演算子

  • 再帰代入演算子[1]
  • 型演算子(-as/-is)[1]
  • 文字列演算子(-f)[1]

基本言語仕様

  • if構文、switch構文を利用する[1]
  • ヒア文字列を利用する[1]
  • 複数の変数へ同時に代入する[1]
  • 文字列をコマンドとして実行する[1]
  • ScriptBlockを実行する[1][2]
  • スクリプトファイルをインクルードする[1]
  • キロ、メガ、ギガを表す記号を利用する[1]
  • Staticメソッド/プロパティにアクセスする[1]
  • 特殊変数を利用する[1][2]
  • 正規表現を利用する[1]
  • 変数の属性を設定する[1][2][3]
  • オペレーションの実行前に確認する(ShouldProcess)[1]

文字列操作

  • 文字列を操作する[1][2][3]
  • パス文字列を解析する[1][2]
  • パス文字列の結合する[1]

レジストリ

  • レジストリにアクセスする[1][2][3]
  • レジストリキーの存在をチェックする[1]

コンソール

  • コンソールに文字列を表示する[1]
  • 文字列の前景色、背景色を設定する[1]
  • コンソールのタイトルを変更する[1]
  • コンソールの前景色/背景色を変更する[1]
  • コンソールに選択肢を表示する[1][2]
  • 入力されたキーを取得する[1][2]
  • ユーザに文字列を入力させる[1][2]
  • VB.NETのInputBox関数を利用する[1]

ファイル/ディレクトリ

  • ファイルを読み込む[1]
  • ファイル/ディレクトリを作成する[1]
  • ディレクトリを削除する[1]

ネットワーク

  • ファイルをダウンロードする[1][2]
  • メールを送信する[1]
  • Webサービスを利用する[1]

Windowsコントロール

  • Formコントロール[1]
  • MaskedTextBoxコントロール[1]
  • PropertyGridコントロール[1][2][3]

COM

  • COMオブジェクトを呼び出す[1]
  • URLに任意文字列を含むIEを終了させる[1]
  • フォルダ選択ダイアログを利用する[1]
  • ExcelファイルをHTMLファイルにコンバートする[1]
  • 文字列をクリップボードにコピーする[1]

WMI

  • アプリケーションのインストール日時を取得する[1]
  • ハードディスクの情報を取得する[1]

オブジェクト操作

  • オブジェクト配列をソートする[1]
  • オブジェクトのグループ化[1]
  • オブジェクトのフィルタリング[1]
  • オブジェクトをHTMLに変換する[1]
  • プロパティのフィルタリング[1]
  • カスタムオブジェクトを作成する[1]
  • プロパティを追加する[1]
  • メソッドを追加する[1]

他言語連携

  • PowerShellからVB.NETのコードを実行する[1][2]
  • VB.NETからPowerShellを利用する[1]
  • PowerShellからIronPythonのコードを実行する[1][2]
  • IronPythonからPowerShellを利用する[1][2]
  • オブジェクトのViewを変更する[1][2][3]

統合開発環境

  • PowerShell Analyzer[1][2]
  • PowerShell IDE[1]
  • PrimalScript[1]

その他

  • .NETオブジェクトの生成[1]
  • 読み込まれているアセンプリの取得[1]
  • Objectの型を調べる[1]
  • スクリプト自身のパスを取得する[1]
  • メソッドを検索する[1]
  • クラスを検索する[1]
  • コンソール出力内容をファイルに出力する[1]
  • エラー内容を分析する[1]
  • 発生した例外クラス名を調べる[1]
  • 連想配列をソートする[1]
  • フォルダを右クリックしてPowerShellを開く[1]
  • スクリーンキャプチャを行う[1]
  • QRコードを作成する[1]
  • 指定した矩形領域を特定文字で描画する[1]
  • カーソル位置の変更[1]
  • プログレスバーを表示する[1]
  • 入力を2箇所に出力する[1]
  • 出力を1ページずつ表示する(more)[1][2]
  • 関連付けられたアプリケーションで開く[1]